部活の顧問という日本の教育システム

部活の顧問という日本の教育システム

部活の顧問という日本の教育システム

私はバスケットボールの経験者なので、バスケを教えることも好きです。なので部活の顧問という仕事はやりがいもあるのですが、それに見合った対価が少なすぎると感じるのが本音。少しでも給料がもらえるだけでもマシなのかも知れません。

 

ミニバスコーチの多くはボランティアですし、僕の大学の同期はボランティアで母校大学のヘッドコーチをやっています。もちろん教えることが好きだったら、子供が好きだったりするので楽しんで取り組んでいる方も多いでしょうが、その割合は少ないでしょう。

 

部活の顧問がやる気がなくて十分な練習時間が確保できない。せっかく良いものを持っていても適切な指導が受けられず能力が伸び悩んでしまう。そうして多くの才能の芽が窄まれてしまうとしたら、こんなに残念なことはありません。

 

ただ、同じ教員として部活の時間を減らしたいと思う顧問の気持ちも十分に分かります。プライベートの時間も欲しいでしょうし、見合った対価があるならまだしも、お小遣い程度のお金で拘束されるのなら、余程好きでない限りは休みたくなるものでしょう。

 

このようなシステムになっているのは日本だけなのでしょうか?アメリカなどの事情は詳しく分かりませんが、知識や指導力のある専任のコーチを学校側が雇い、見合った対価を支払うのが正当な手段に思えます。

 

現状の仕組みを変えることは簡単なことではありませんが、何もかも現場の人間に、教員に押し付けようとする風潮は変えなければならないと思います。そうすることが結果として子どもたちのためにもなりますし、スポーツ選手の育成のみならず、人間的な成長という観点でも、日本を根幹から変革する取り組みになるのでは無いでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ